お知らせ2

 

 

 

 一覧へ

 

「ストレス検査」と「血管年齢チェック」

ころまで自律神経失調症やストレス状態の客観的な検査はあまりありませんでしたが、心拍変動を分析

することにより、自律神経バランスやストレス状態を調べることができます。

指尖脈派を測定、分析することにより、血管の老化度(動脈硬化度)を検査することができます。

setstats1